読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も山へ行こう

山が大好きな、30代ヤマオンナの山行記録。

信州安曇野「北アルプスパノラマ銀座山岳フェスタ2017」へ

こんにちは。

そろそろ夏山計画立てなきゃな~と、ぼんやり考えているまつたろうです。

天気がイマイチだった先週末は、安曇野市で開催された「山岳フェスタ2017」へ。今日はそのときのお話です。

北アルプスパノラマ銀座 山岳フェスタとは?

2016年に制定された「山の日」

これを記念して、昨年初めて開催されたのがこの「北アルプスパノラマ銀座 山岳フェスタ」なんだそうです。(主催は安曇野市山岳観光推進実行委員会)

北アルプスには「表銀座」「裏銀座」といった縦走ルートがありますが、この「パノラマ銀座」は燕岳~大天井岳常念岳蝶ヶ岳と続く縦走ルート。いわゆる、安曇野市に位置する北アルプスの前山と呼ばれている山々を歩くルートです。

これらの山々は北アルプスの中でも比較的危険個所が少なく、初心者でもトライできるエリア。なのに槍・穂高連峰をはじめとした北アルプスの眺めが素晴らしいという、まさに「パノラマ銀座」という名前にピッタリのルートなんですね(^^)

f:id:ma2-hiro3:20170515155031j:plain2016年7月 燕岳より

f:id:ma2-hiro3:20170515155312j:plain2015年9月 常念岳より(iPhoneパノラマ撮影)

f:id:ma2-hiro3:20170515154753j:plain2015年9月 常念乗越より

f:id:ma2-hiro3:20170515154822j:plain2016年11月 蝶ヶ岳より

私も燕岳、常念岳蝶ヶ岳と登ったことがありますが、どの山もお気に入りで何度でも登りたいと思う程大好きなエリアです。

で、「パノラマ銀座」とイベント名についてますが、このエリアに特化したイベントというわけではありません(^_^;) 主催の実行委員会の中には燕山荘の赤沼さんや蝶ヶ岳ヒュッテの神谷さんがいらっしゃいますが、内容はとにかく山に関するいろいろといった感じでした。

参加した山岳講座3つ

①夏山の気象とリスクを知る

講師は私も登録・利用している「山の天気予報」所属の気象予報士・渡部さん。これからの夏山シーズン、特に注意したい気象現象や気圧配置といったお話でした。

夏の気象に関する注意点はいろいろありますが、その中でも「落雷」は特に注意したいもののひとつ。「午後は雷の発生リスクが高まるから早出早着」はもちろんですが、時間帯に関係なく発生する雷もあります。例えば・・・

  • 前線を伴わない小さな低気圧(小さくてもかなり危険な低気圧さん)

 上空に寒気を伴っているため積乱雲が発達しやすい条件となり、非常に激しい雷雨となることがある

  • 上空に寒気が流れ込む or 南から暖かく湿った空気が流れ込む

 上空と地上付近の気温差が大きくなるため、積乱雲が発達しやすい条件となる など

山行前は天気予報をよくチェックするのは当たり前ですが、登山口までの移動中や山行中にもよく空を観察すること(観天望気)で、天気の変化を予想することもできます。

私もまだ気象については勉強中…本もいろいろ出てますが、次の2冊はとても分かりやすくてオススメです。

・やさしい山のお天気教室 粟澤 徹(エイ出版)

 西穂山荘支配人で気象予報士の粟澤さんの本。粟澤さん自身が文系出身ということもあってか、気象の講習会も受けたことありますが、本も講習会もどちらも分かりやすいです。

www.ei-publishing.co.jp

・山の天気にだまされるな! 猪熊 隆之(ヤマケイ新書)

 ヤマテン代表である猪熊さんの本。実際の山岳遭難が起こった時の天気図をもとにした解説や、登山計画を立てる際のポイントなどもあって参考になります。

www.yamakei.co.jp

デジタルカメラで撮る山岳写真の基礎知識

講師は山岳写真家・菊池哲男さん。主なフィールドは白馬岳ですが、雑誌「山と渓谷」の表紙を撮影されたりもしています。

ノウハウよりも(!?)菊池さんの写真を見るだけで十分な90分間(*´艸`*)ノウハウは書籍を購入したので、それを参考にこれから練習します(笑)

f:id:ma2-hiro3:20170515172356j:plain

③高橋庄太郎のベストオブ「山 mono 語り」

講師は山岳ライターの高橋庄太郎さん。ヤマケイオンラインで連載中の「高橋庄太郎の山mono語り」で扱ったものを中心に、山道具の選び方などをお話ししてくださいました。

この中の質問コーナーでクマ鈴に関するお話がちょこっと出たんですが、、、

  • 鈴は高い音の方が効果がある(リーンリーンとよく響く感じのもの。低い音のものはあまり効果がない)
  • 常に鈴を鳴らしていると、自分自身が「鈴があるから大丈夫」と安心してしまい、逆に危険
  • 鈴の音のせいで「ガサガサ」といったクマの存在に気付かないこともある(以前、知床観光に行った知り合いから「ガイドさんは『鈴をつけるとクマに気付けないので、自分は付けない』と言っていた」という話を聞いたことがあります)

ということで、庄太郎さんは鈴ではなくホイッスルを使っているそうです。

見通しの良い場所では使う必要もないので、見通しが悪くなるような場所でホイッスルを鳴らし、10秒ほど待つ→特に物音がしなければそのまま進む、何か物音がすればしばらく様子を見る…とのこと。

ホイッスルは滑落したりしたときなど自分の存在を知らせるのにも有効なので、私もザックのショルダーハーネスにつけています。が、クマ除けに使うとは考えたこともなく…とても参考になりました。

f:id:ma2-hiro3:20170515172238j:plain

その他の収穫物(笑)

f:id:ma2-hiro3:20170515172415j:plain気になるエリアや山小屋のパンフレット

f:id:ma2-hiro3:20170515172543j:plain赤岳展望荘さんオリジナルの南八ヶ岳パンフレット

今年は未踏の中央アルプスエリアや爺ヶ岳も歩けたらなと。

中央アルプスは木曽駒の桂木場コース(ロープウェイ使わないルートです)+テント泊。爺ヶ岳は柏原新道で日帰りかな…ライチョウ観察と種池山荘の手作りピザを楽しみに(*´艸`*)

南八ヶ岳は来月歩く予定で、天気が良ければ美濃戸から硫黄岳~横岳~赤岳と周回。天気が悪ければ美濃戸~硫黄岳山荘のピストンです。硫黄岳山荘のタルチョ祭に初参戦予定~(*´艸`*)

そんなわけで、山に登らずとも山を満喫した気分になった2日間でした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

ポチっとしていただけると嬉しいです♪


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村