今日も山へ行こう

山が大好きな、30代ヤマオンナの山行記録。

【2017年5月】天空のビーチ・日向山へ

こんにちは。

ここ数日の「5月の真夏日」に、ちょっとビックリだったまつたろうです。

今日は5月20日(土)に登った日向山のお話です。

 

天空のビーチ・日向山

f:id:ma2-hiro3:20170523090136j:plain

日向山は山梨県北杜市にある標高1,660メートルの山。

北アルプスの燕岳と同じように山頂付近には花崗岩が露出していて、山の上とは思えないような砂場が広がっています。

八ヶ岳甲斐駒ヶ岳鳳凰三山、富士山などの展望も素晴らしいので、天気のいい日に登りたい山です。

当初の山行計画(概要)

山行日:2017年5月20日(土)

スケジュール:

尾白川渓谷駐車場(9:00)→(9:50)矢立石登山口(10:00)→(11:30)日向山(12:10)→(13:10)矢立石登山口(13:20)→(14:00)尾白川渓谷駐車場

※矢立石登山口にも駐車場はありますが、狭い(15~20台ほど)ということで下の渓谷駐車場に駐車

※矢立石からのルートは他に2つほどありますが(林道経由錦滝→山頂と、渓谷道→山頂)崩落などの影響もあり、現在は通行禁止となっています。以前から渓谷道を歩きたいと思っていた日向山でしたが、こうした状況により今回は通常ルートを歩きました。

当日の記録

天気は良いけど暑くなりそうな土曜日。。早めに出発して、7時半に尾白川渓谷の駐車場に到着しました。車はまだ7~8台ほどでしたが、既に駐車場整理の方がいらっしゃいました。

出発準備を整えて、8時過ぎにスタートです。

f:id:ma2-hiro3:20170522190433j:plain

尾白川渓谷は甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根ルートの登山口でもあります。甲斐駒の黒戸尾根…歩ける自信ないけど、憧れます(笑)

この先にあるキャンプ場売店のほんの少し先から山道へ。まずは矢立石登山口を目指します。

f:id:ma2-hiro3:20170522191305j:plain

道中はツツジの花と新緑を楽しみながら歩きます。いい季節ですね~。

f:id:ma2-hiro3:20170522191525j:plain

駐車場から50分ほど歩くと矢立石登山口に到着。通行禁止のお知らせなどが貼ってありました。

f:id:ma2-hiro3:20170522191736j:plain

錦滝を経由するコースは落石・倒木・崖などいずれも危険個所が多いようですが、この矢立石から山頂へのコースはこうした標識もたくさんあり、とてもよく整備されています。矢立石からなら1時間半程度で登れるので、家族連れが多いのも納得。

標識下の数字は「4/10」という意味合いらしく、この辺りは4合目という感じです。

山頂直下までは比較的傾斜の緩やかな樹林帯歩き。新緑も美しいので見ていて飽きないし、日差しは強くて暑そうですが、真夏と違って湿度も低いので快適でした(^^)

登山道の途中に雨量計が設置してあって、ここまで来るともう少しといったところ。さらに進むと「←登山道 三角点→」みたいな標識も現れます。三角点は展望もなさそうだったので、登山道の方向に従って進むこと数分。。すると目の前には「この先は海?」みたいな景色が(笑)

f:id:ma2-hiro3:20170522192519j:plainこんな感じの海、ありますよね! 笑

f:id:ma2-hiro3:20170522183814j:plain

「この先は海?」みたいなところ抜けると、一気に視界が開けます! ここに出た瞬間、思わず「うわーーー!」と感激の声をあげてしまいました(というか、ここに来た人みんな思わず声をあげてました。笑)目の前には白い砂と青い空、そして八ヶ岳~(*´艸`*)

f:id:ma2-hiro3:20170523090136j:plain

反対側には甲斐駒ヶ岳。いつ見てもカッコいい甲斐駒さん(*´艸`*) 来年以降、チャレンジさせてもらいます(北沢峠から(´▽`) 笑)

f:id:ma2-hiro3:20170523092828j:plain

山頂で日向山の麓に住んでいてよくココに登っているというご夫婦とお話をしましたが、やはり年々風化が進んでいて景色もだいぶ変わったとのこと。前はもっと花崗岩がゴロゴロしていたんだそうです。

f:id:ma2-hiro3:20170523093540j:plain甲斐駒ヶ岳(右)と鳳凰三山(左)

f:id:ma2-hiro3:20170523093624j:plain鳳凰三山(右)と富士山

f:id:ma2-hiro3:20170523095318j:plainオベリスクもよく見えました! 鳳凰三山もまた登りたい山のひとつです。

f:id:ma2-hiro3:20170523100001j:plain下手するとまっさかさま! な所もあるので、ご注意を。。。

f:id:ma2-hiro3:20170523100058j:plain

山頂付近でしばらく景色を楽しんだらお昼ごはん。この日はチリトマトヌードルのリフィルにシーチキンをプラスした山ごはんでした。チーズがあれば最高だったかも。。

f:id:ma2-hiro3:20170523100421j:plain写真映えしないけど美味しかったです(笑)

ちなみに我が家は景色を楽しみながら食べたい派なので山頂付近でお昼を食べましたが、遮るものがないので暑いこと(^_^;) 山頂直下の木陰でお昼を食べてる方が多かったです。

最後にコーヒーまで飲んで、名残惜しいけど下山開始。登ってきたのと同じ道を下山し、13:40に無事ゴール。手軽な山だからか、下山中にも結構沢山の方とすれ違いました。

最後にひとこと

現在は通行禁止となっている、尾白川渓谷を経由して日向山へ登る道。過去の山行記録などを見ても渓谷自体は素晴らしく、このまま通行禁止が続くのはもったいないなぁと…(通行禁止が続くと道が荒廃してしまい、ゆくゆくは廃道になってしまいますし。。)

いつかまた渓谷道が歩けるようになると良いなと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

ポチッとしていただけると嬉しいです♪


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村