今日も山へ行こう

山が大好きな、30代ヤマオンナの山行記録。

【2017年8月】雨飾山ソロ(笹平まで)

こんにちは。

あっという間に8月も1週間過ぎました…

7月下旬に立山を計画していましたが、我が家のワンコが体調を崩してしまいキャンセルに(涙)気付けば1ヶ月近く山に行けずにいたまつたろうです。

ワンコも元気になり、今週末はいよいよ今年のメイン山行スタート! というわけで、その前に久しぶりにソロでお山へ行ってきました。

タイトルにもある通り山頂までは行けませんでしたが…(汗)

2017年8月5日(土)のお話です。

意外に侮れない雨飾山

f:id:ma2-hiro3:20170807152216j:plain今回チョイスした雨飾山は、長野県と新潟県の県境にある標高1,963mのお山。

長野県の小谷村から2つ、新潟県糸魚川市から1つ、合計3つの登山道があります。

今回歩いたのは一番メジャーな小谷村・雨飾高原キャンプ場からのコース。

標高2,000m未満と侮ることなかれ、なかなかキツイ山でした(´;ω;`)

携帯トイレ必須です

f:id:ma2-hiro3:20170807153117j:plain登山口にある携帯トイレの自販機。

雨飾山には道中トイレがありません。出発時にトイレを済ませるのはもちろんですが、携帯トイレも持参しましょう!

万が一、途中でトイレに行きたくなった時のために、ツェルトもあると便利です(特に女性はあった方が安心ですよね…)

f:id:ma2-hiro3:20170807153543j:plainちなみに、この日は6時半ごろ登山口に到着。駐車場はまだ余裕でした(^^)

紅葉シーズンとかは凄いんでしょうね…

3回の上りと3回の平らがある登山道

f:id:ma2-hiro3:20170807153932j:plainキャンプ場を出発すると、最初は800mほど平坦な道を歩きます。

木道はとても歩きやすかったんですが、濡れていたりすると滑りやすいようです。

f:id:ma2-hiro3:20170807154041j:plainこのコースは全長4.4キロ(4,400メートル)だそうで、400mおきにこうした看板が設置されています。

2/11(800m)までは平らな道、そこを過ぎると荒菅沢手前の尾根まで、最初の上りが始まります。

f:id:ma2-hiro3:20170807154213j:plainブナの林は目にも鮮やかで気持ちよかったです(^^)…涼しくはありませんでしたが。

f:id:ma2-hiro3:20170807154326j:plainブナの根っこが露出した登山道を歩きます。

この先には「ブナ平」という平坦な場所があって、休憩するのにちょうどいい場所になっていました。

…が、私はココで耳をアブ?に噛まれました(涙)ブヨじゃないだけまだマシですが、いまだに耳が痒いです(涙)

アブに効果があるかは分かりませんが、ここで帽子やらウェアやらにハッカ油をスプレーして再び歩きます←スタート時点でスプレーし忘れた人。

唯一涼しかった荒菅沢

f:id:ma2-hiro3:20170807161009j:plainブナ平からさらに上り、尾根を一つ越えると150mほどの平坦な道に。進んでいくと大きな岩が見え始めます。布団菱かな?

f:id:ma2-hiro3:20170807155044j:plain平坦な道の先は150mほどの下りになっていて、下りきるとこの日唯一涼しかった荒菅沢に到着です。

荒菅沢はまだ大きな雪渓が残っていたものの、崩落も進んでいる状態…足元に注意しながら対岸へ渡ります。

荒菅沢から先は笹平まではひたすら急登Σ(゚д゚lll)

途中、新潟から来たという年配の方たちと一緒になり、しばらくお喋りしながら登ります。

百名山すべて登ったそうで、九州の山の話なんかでしばし盛り上がりました(*´艸`*)

…が、急坂ゆえにきっついことに変わりありません(^_^;)

f:id:ma2-hiro3:20170807160645j:plain尾根に出ると視界が開けて、こんな景色も。これは布団菱ってやつの一部でしょか…?←結局よく分からなかった人(^_^;)

新潟の皆さんと別れて歩を進めますが、急坂&浮石なんかも多いガレた尾根になっているので、足元には要注意。

木製のハシゴが5~6か所かかっていました。

笹平はお花が見頃

f:id:ma2-hiro3:20170807162403j:plain急坂を登りきると笹平に到着!

ここから先はしばらく楽な道が続きます。奥に薄ら見えているのが山頂です。

今回、雨飾山に決めたのは、この笹平のお花が見ごろという情報があったため。

「笹平のお花が見られたらいいなぁ~」という感じで来たこともあって、この時点で山頂はいいか…と既に諦めモード(^_^;)

今回はソロだったこともあって無理はせず…(ソロの良さはこの「自由さ」にあるとも言えますが)

笹平をゆっくり歩いて、10/11まで行ったところで引き返したのでした。

「あと400mだったのに」と思うかもですが、深田さんの文章を借りると「山に心を残してきた」ということで、次は紅葉シーズンに再チャレンジするつもりです。

笹平のお花

※お花には相変わらず疎いため、名前は間違っている可能性がありますm(_ _)m

f:id:ma2-hiro3:20170807163814j:plainシモツケソウ

f:id:ma2-hiro3:20170807163841j:plainホタルブクロ?

f:id:ma2-hiro3:20170807164340j:plainタカネナデシコ

f:id:ma2-hiro3:20170807164410j:plainタテヤマウツボグサ たくさん咲いてました

f:id:ma2-hiro3:20170807164449j:plainアザミの何者か(アザミの区別がつきません…)

f:id:ma2-hiro3:20170807164536j:plainハクサンフウロ

f:id:ma2-hiro3:20170807164620j:plainマルバダケブキ?

f:id:ma2-hiro3:20170807164653j:plainハクサンシャジン

f:id:ma2-hiro3:20170807164728j:plain黄色はイワオトギリ?シナノオトギリ?白は何だろう…?

f:id:ma2-hiro3:20170807164817j:plainオオバギボウシ

f:id:ma2-hiro3:20170807164943j:plain

f:id:ma2-hiro3:20170807164957j:plainたくさんのお花に癒されました(*´艸`*)

しかし、上りがキツイ山は下りもキツイもので…急坂を足もとに気をつけながらひたすら下山。

上はガスってましたが、下は日差しもあってとにかく暑かったです。。。

「登山口に戻ったら自販機で炭酸を買う!!」と歩いたものの、考えることはみな同じ?炭酸だけ見事に売り切れでしたよ(´;ω;`)

下山後は雨飾荘へ

汗だく登山だったので、下山後は車で5分ほどの雨飾荘へ(写真撮り忘れました…)

入浴料は700円。貴重品ロッカーは100円リターン式、アメニティ類も充実、露天風呂が気持ちよくとてもいいお湯でした(^^)

受け付けのところには「雨飾山で撮った写真を見せると入浴料200円割引」というお知らせも!(私は見せてませんが…山の最新情報教えてください! という趣旨でした)

これまた紅葉シーズンは凄いんだろうなぁ…。

雨飾山、なかなかキツイ山でしたが、変化に富んでいてとても面白い山だと感じました。

天気が良ければ日本海まで見渡せるそうですが、名前の通りスカッと晴れる日は少ないそうです。

次は紅葉シーズンに、山頂まで再チャレンジしたいと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ポチっとしていただけると嬉しいです♪


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村