今日も山へ行こう

山が大好きな、30代ヤマオンナの山行記録。

【2017年8月】のんびり雲ノ平テント泊~その5~

こんにちは。

あっという間に8月も最終日…北アルプスの夏山も終わりかと思うと、何となく寂しくなるまつたろうです。

お盆に行った雲ノ平のお話、今回で最終回です。

【もくじ】

 

過去の記事はこちら 

go2themt0.hatenablog.jp

go2themt0.hatenablog.jp

go2themt0.hatenablog.jp

go2themt0.hatenablog.jp

4日目(最終日) 双六小屋~新穂高

双六小屋~鏡平山荘

朝起きると雲は多めながらまずまずのお天気。

f:id:ma2-hiro3:20170831141700j:plain

f:id:ma2-hiro3:20170831142445j:plain双六小屋前にて。出発前にはうっすら朝陽を見ることもできました。

朝ごはんをパパッと済ませたらテントを撤収して、6時前に下山開始です。

f:id:ma2-hiro3:20170831142655j:plain鷲羽岳と双六小屋が遠くなっていきます。

f:id:ma2-hiro3:20170831143213j:plain行きには全く見えなかった槍穂の展望。

この後、鏡平山荘までずっとこの景色を眺めながら歩きました。

f:id:ma2-hiro3:20170831143528j:plain下の方には鏡平山荘も(矢印のところです)

f:id:ma2-hiro3:20170831143609j:plain弓折乗越からの展望も文句なしでした(^^)

実はここからの展望は今回の楽しみのひとつ。

1日目は真っ白で展望がなかっただけに、喜びもひとしおでした(*´艸`*)

ココからさらに下っていると、後からすごい速さで黙々と歩いてくるおじさん(ソロ)が…。

大学の研究室の先生に似ていたので、夫と「T先生みたいだねー。めちゃ速いねー」なんてことを言っていました。

鏡平山荘にて

弓折乗越から槍穂の絶景を満喫しながら歩くことおよそ30分で、鏡平山荘に到着。

行きはスローペースだったのに、下山は早い…(^_^;)

とりあえずコーラでも飲もうかと思って売店に並ぶと、T先生ソックリさんも売店の列に並んでいるではないですか。

何頼むんだろう?と思っていると、なんと「いちご練乳(かき氷)」\(◎o◎)/!

実は、かき氷は鏡平山荘の名物のひとつ。

松本市内の氷屋さんから氷を空輸して提供しているそうです。

そんなシーンを見ていたもんだから、私も思わずいちご練乳を…(笑)

f:id:ma2-hiro3:20170831144826j:plain氷もふわふわで、とっても美味しかったです(^^)v

鏡平山荘~新穂高

かき氷も食べてお手洗いも済ませたら、再び下山開始。

…とその前に、1日目は真っ白だった鏡池にも立ち寄ります。

f:id:ma2-hiro3:20170831145017j:plain鏡池に映る逆さ槍もバッチリでした!

歩きやすい小池新道を順調に下山します。

f:id:ma2-hiro3:20170831145136j:plain小池新道から眺める笠ヶ岳方面

f:id:ma2-hiro3:20170831145218j:plain焼岳(手前)や乗鞍岳(奥)も(^^)

この日(8月14日)も多くの登山者とすれ違いました。

いつかソロでテント泊できればな~と思っているせいか、すれ違うソロの女性(テント泊装備)にはついつい目が行ってしまいます(^_^;)

男性に比べると少ないですが、女性のソロ登山者も結構多いんですよね。

私のソロテン泊デビューはいつになるやら…(笑)

鏡平山荘から1時間15分ほどで秩父沢へ。

そこで再び休憩して、さらに1時間ほどでわさび平小屋に到着です。

f:id:ma2-hiro3:20170831150034j:plain小屋の前には、よく冷えた野菜や果物が(*´艸`*)

リンゴを食べる人が多い中、私はトマトを、夫はキュウリとバナナを食べました。

…が、目の前にはそうめんを食べている人も!!

このそうめんがめっちゃ美味しそうで、食べようかとしばし悩む…

でも、ここから新穂高まではあと1時間ちょっと。

食べたら負け(何と闘っているか分かりませんが)のような気がして、結局ガマンです。

この先は1時間ほど、延々と林道を歩きます。

毎度のことながら、この林道歩きがイチバン辛いんですよね。。。

黙々と歩き、11時過ぎに無事、新穂高へ下山しました(^^)

下山後の温泉は深山荘へ

下山後のお楽しみは何といってもお風呂!(笑)

我が家は深山荘さんへ行きました。

露天風呂(男風呂?は外から見えるので、かなり開放感あります…)なら500円、内湯+露天風呂なら700円。

ちなみに、内湯から直接露天風呂へ行けないので、両方入るなら一度服を着ないといけません。

私は内湯のみ利用しましたが、こじんまりとした作りでした。

人が多いと大変かもしれません(^_^;)

お風呂の後はお昼ご飯を食べに、少し下ったところにある「道の駅 上宝」へ。

なんとこの道の駅の駐車場も、一部は登山者用駐車場になっていました…。

恐るべし、お盆の北アルプス。。。

 

というわけで、今回の雲ノ平テント泊のお話はこれにて終わりです。

9月は今のところ、五竜へ行こうかと考え中…

あとは白馬岳あたりも行きたいので、9月か10月の早いうちかに行ければなと(^^)←雪が気になるところですが。

秋山も安全第一で楽しみたいものです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ポチっとしていただけると嬉しいです♪


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村